ROUND TAIWAN

台湾おすすめ土産!世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店ウーバオチュン』のジャムとパンはいかが?


台湾土産におすすめな地元産のフルーツジャム。ジャムはもちろん、パンも絶品『吳寶春麥方店』をご存知ですか?世界的な大会で1位に輝いたこともある吳寶春のジャムとパンご紹介します!

台北101からもすぐ!松山文創園區、誠品松菸店の地下にあります

『吳寶春麥方店』は、もともと高雄にあったパン屋さん。あまりの人気に2011年8月、台北に出店されたんです!台北店は、台北101からもすぐ、松山文創園區の中にある『誠品松菸店』の地下にあります。松山文創園區は、MRT市政府駅か國父記念館駅から歩いて10分ほどのところにあります。誠品が手がけるホテル『エスリテ』が併設されたとても大きな商業施設です。

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
エスカレーターで地下に降りると、レンガ造りのお店がすぐ見つかります。温かみのある素敵な外観です。閉館間際はこのようにお客さんもまばらですが、日中はかなり混雑します。

土曜の日中の様子はこちら。

お会計を待つ列を外から撮ってみました。この混雑具合で夕方5時前です。実は、外側にはロープポールが立てられていて、時間によっては入店すら待つこともあります。土日はご注意ください!

台湾土産としておすすめNO1!地元産フルーツを使ったミニボトルのジャム

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
ありましたありました!今回この『吳寶春(以下略)』に来た目的はこれ。フルーツジャムです!台湾は、南国フルーツが豊富で本っ当に美味しいので、ジャムはおすすめ土産の1位と言っても過言ではありません!

どの店のもそうですが、無理な甘ったるさがなく自然なんですよ〜!やさしい甘さで、でもしっかりフルーツの味が感じられて、美味なのです!素材はもちろん台湾産。パッケージもかわいい〜!

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
そしてもちろん、手作りですよ〜。「義式」は直訳するとイタリア式という意味なのですが、何がイタリア式なのかはよくわかりません。

どれどれ種類は〜、金鑚パイナップル、糯米ライチ、愛文マンゴー、パッションフルーツ、ミニトマト。そのほか季節限定品。う〜んどれも美味しそう!ちなみに、私が行った時はイチゴがありました。手の平に収まるくらい小さめなので、たくさん買ってもまあ持ち歩ける重さです。日持ちしますし、ばらまき土産にも最適ですよ〜!

このほか、バラの花びらジャムなんてのもありました。

行列のできる開店間際と商品のない閉店間際は避けて。焼き上がり時間はHPで確認を

『吳寶春』の創立者である吳寶春さんは、2010年、フランスで開催される有名なパン職人の世界大会でチャンピオンを獲得しています。(公式HPよりhttp://www.wupaochun.com/about/founder.aspx)また、2016年にはお弟子さんも大きな大会で銀賞を受賞されたようです。

宿泊していたホステルにあった雑誌に、誠品生活松菸店の陳店長のインタビュー記事が掲載されていました。その売り上げに大きく貢献するであろう吳寶春さんの姿も。(右下写真中央が陳店長、その右隣)

開店と同時に行列ができるとの噂ですが、商品が揃っている時間帯にいけばベーシックなパンからお惣菜パン、甘いパンまで種類もたくさん!下記HPで焼き上がり時間が公開されています。パンの名前まで載っていますので、ぜひお早めの来店をお心がけくださいね。
http://www.wupaochun.com/upload/time.pdfp

私のお気に入りはこちら。一見「何のパン?」というパンです。

イチオシ!しっとりふかふか、クランベリーの甘酸っぱいアクセントが◎玫瑰情人(ローズラバー)

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』

上記写真の右側、玫瑰情人/Rose Loverは私の1番のお気に入りです。中身は、日本産小麦粉、カナダ産亜麻仁油(フラックスシードオイルってやつですね)、有機栽培のバラの花びら、東山産のリュウガンの蜜、アメリカ産クランベリー、カリフォルニア産クルミ、オーストラリア産クリームチーズという組み合わせ。

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』最初に買った時は、バラの花びら!?と不安に思ったものの、実際にカットしてみると、う、美しい〜!!具材がまんべんなく広がっていて、美しい断面です。しかも、固そうと思っていた表面はふっくらとやわらかく、中の生地はもっちりしっとり、水分をたっぷり含んでいます!

ひと口食べてみると、お、おおおいし〜い!!普段、パンは普通に食べる程度の私ですが、今まで食べたパンの中で一番パンの旨味を味わったかもしれません。

主役になれるほどの具材がけっこう入っているのに、シンプルで、それぞれの美味しさのバランスが良くしっかり感じられるんです。パンそのものはふかふかとしてるのに噛み応えもあって、パンってこんな美味しいんだ。って感じでした。

コレ↑本当に美味しいです!ぜひトライしてみてください!

吳寶春でもっともオーナーの思いが込められた酒醸桂圓(ロンガンパン)

実は、オーナーの吳寶春さんの想いがもっとも込められていると言ってもよいのがこちらのロンガンパンです。上の写真左側の丸いのです。昔貧しかった頃のお母様との思い出の味をイメージして作られているそうですよ。ロンガンとは、リュウガン(龍眼)というライチのような姿をした実のことで、台湾ではよく食べられています。

食べてみると「かすかにいぶりがっこの香りが・・・」しました。いぶりがっことは、燻製の風味をつけた郷土料理の漬物です。ロンガンの食感はイチジクのよう。アクセントに、たまにくるみ。燻製の漬物・・・と思って写真を確認してみると「酒醸」「紅酒(ワイン)」と書かれています。発酵したような香りを感じたのは間違いではありませんでした。外はしっかり焼けていて、中はしっとりふわっとして、ジャムがとてもよく合いますよ。

パンとジャムのほか、贈答用のパイナップルケーキ、ランチテイクアウトできるものも

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
店内には他にも、贈答用にできる焼き菓子やパイナップルケーキなども取り扱いがあります。

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
チーズ。

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
牛乳も。

この松山文創園區はタバコ工場の跡地を再生させた大きな商業パークです。

敷地内は、昔の様相をそのまま残した建物が一部使われているため歩くだけでも楽しいです。

自由に使えるテーブルもありますので、パンをテイクアウトしてピクニックするのもおすすめですよ。

これぞ台湾の味!さっぱりと上品な南国フルーツジャムは何度でもリピートしたくなる


最後に購入したジャムをご紹介。イチゴと、パイナポー・パッションフルーツ・マンゴーのトロピカルミックスです。3つ買うと、無料で箱が付いてきます(店内ジャムの写真参照)。付けましょうか?と聞いてくれるので、持ち帰るのが大変な場合はお断りもできますよ。箱を希望した場合、小さな黄色いジャム用の無料スプーンも付いてきます。

世界一に輝いたパン屋『吳寶春麥方店』
トロピカルミックスのジャムを添えてみました〜。ジャム、激ウマです!!!甘いは甘いのですが、しつこさがなく、さっぱりと上品な甘さです。6瓶ほど買ってきたのですが、全然足りませんでした。パン3〜4切れでひと瓶なくなるくらいの分量です。単一の味ももちろん美味しいのですが、いろんな風味が後から後から湧いてくる感じがあり、私はこのトロピカルミックスが一番好きです!

主要な商品のいくつかはインターネットでも販売されていますが、やはり店舗との品揃えは全然違います。ショッパーもかわいいので、台北101や國父記念館を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。※自分で袋を持って行った場合、2NTD引きになります!

●ジャム(イチゴ)・・・150NTD
●ジャム(南国フルーツミックス)・・・109NTD
●パン(玫瑰情人/Rose Lover)・・・130NTD
●パン(酒醸桂圓/ロンガンパン)・・・200NTD

吳寶春麥方店
02-6636-5888
11:00~22:00
台北市信義區菸廠路88號(誠品松菸店B2)
市政府捷運站1號出口から徒歩約10分
國父紀念館站5號出口から徒歩約10分

ABOUT THE AUTHOR

Misako Hosoda
グルメ・旅などガイドブックの編集ライターを経て独立。中国ドラマやSUPER JUNIOR-Mなどをきっかけに中国語を学び始める。接客や旅行会話中心の学習だったが、検定にトライすることを決意し、現在教科書学習に奮闘中。学習期間は長いのに伸び悩んでる方、一緒にがんばりましょう!
台湾は、人生初の海外旅行の地として選んだ思い出のアナザースカイ。
Return Top