ROUND TAIWAN

台湾土産に新たなジャンル誕生!世界初の南国産ウイスキー『KAVALANカバラン』

KAVALAN 台湾ウイスキー
「ウイスキーは寒い地方でしか作れない」という常識を覆し、世界で初めて南国産のウイスキーを誕生させたKAVALANをご存知でしょうか。味でも世界一に輝いた南国生まれのウイスキーご紹介します!

世界初!味でも2つの銘柄が世界一に輝いた南国生まれのウイスキー、KAVALAN

KAVALAN 台湾ウイスキー
KAVALANは、MR. BROWN COFFEEというコーヒーの製造販売で有名な「金車(KING CAR)」という会社が手がけたウイスキーブランドです。アイルランドやスコットランドなど、寒さの厳しい地域でしか作れないといわれていたウイスキー製造を南国で初めて成功させ、2つの銘柄がワールドウイスキーアワードという権威ある品評会で世界一を獲得しました。現在でも、毎年多くの銘柄が高い評価を得ています。

製造工場は宜蘭にあるのですが、空港免税店のほか、台北、台中、高雄などに直営店があり、商品を購入することができます。宜蘭の工場は一般の方に公開されており、見学ツアーやテイスティングコーナーがあるそうですが、今回は直営店の南京一店を訪問してみました。

南京東路二段の大通り沿い、MR. BROWN cafeに併設された南京一店

KAVALAN 台湾ウイスキー
最寄り駅は、MRT松江南京駅か南京復興駅です。ちょうど二つの駅の中間あたりにあります。どちらからスタートしても、南京東路二段の大通り沿いに、建国北路二段通りとの交差点を目指してください。建国北路二段通りは、上に建国高架道路が走っているので遠くからでもすぐに見つけられます。交差点の角にお店の入ったビルがあり、大きな広告が目印です!

KAVALAN 台湾ウイスキー
お店の外観は、一見コーヒーショップです。MR. BROWN cafeの横に併設されているためです。KAVALANのオープンは11:30からだったのですが、開店時間を調べずに行ったのでコーヒーショップの中でウロウロ、ガラス越しに商品を覗いたりしていたら、オープンまで30分もあったのに「入っていいよ!」と若い店員さんが招き入れてくれました。笑。ちなみに、中国語ではブラウンコーヒーカフェは「伯朗咖啡館」、カヴァランは「噶瑪蘭」と書かれています。

種類が豊富で試飲ができる直営店ではギフトボックスもあり

KAVALAN 台湾ウイスキー
KAVALAN商品は空港の免税店でも購入できますが、種類とサイズが限られます。松山空港の到着口にある免税店を覗きましたが、いわゆる普通サイズの750mlボトルが3種類ほど置いてあるだけでした。おそらく人気のある銘柄を絞って置いているのだと思いますが、大きいボトルはいらない、実際に味を見て決めたいという方には、やはり直営店がおすすめです。

KAVALAN 台湾ウイスキー
なぜなら、いろいろな味を試せるお試しセットやギフトボックスがあり、何より試飲ができるからです!

1000円以下のお試しサイズから2500円くらいのミニサイズまでお手頃価格が揃います

KAVALAN 台湾ウイスキー
KAVALANは、ビックカメラのビック酒販などで取り扱いがあり、日本でも購入できます。が、ネットではいつも売り切れていることが多いです。また、日本で買うとどうしても2〜3倍のお値段になってしまいます。さらに、小さいサイズはなかなか輸入で入ってくることがないため、台湾土産として、これは本当におすすめです(個人的に)!

高級感があるパッケージも素敵!送る相手や用途に合わせてセレクトできる

KAVALAN 台湾ウイスキー
お父さんや会社でお世話になっている人へのお土産なら、2500円〜3500円程度の200mlサイズがおすすめ。見た目もそこそこ大きいですし、箱入りなので贈答感が出ます。シングルだと16〜17杯飲めます。同量で丸ボトルもあります。(写真中の丸ボトルは50ml)

KAVALAN 台湾ウイスキー
女子会でみんなで味見しながら飲んだり、自分で飲むなら、700円〜1500円程度の50mlのミニサイズボトルを味違いでいくつか買うのがおすすめです。シングルだと2〜3杯飲めます。普段ウイスキーはあまり飲まないという方にも、50mlなら「有名なブランドなのでどうぞ」と言って渡しやすいですし、複数本、自由に選んでボックスに詰め合わせることができますよ。同量で丸ボトルと縦型ボトルあり。

台湾産ならではの爽やかで豊かな香りとソフトな味わいが特徴的

KAVALAN 台湾ウイスキー
台湾産のお茶やコーヒーを飲んで感じるのは、渋みが少なく、爽やかであっさりした味と豊かな香りです。種類によって違いはあるものの、KAVALANウイスキーもこの台湾産のお茶やコーヒーと同じく、爽やかで軽めのテイストが特徴的だと感じました。とにかく、味がしつこくない。そして、香りが豊か。「酒〜!!」って感じの強い香りではなく、紅茶を嗅いでいるような爽やかさです。

私は単なる酒好きなのでそこまで詳細な香りの嗅ぎ分けはできません。そこで、もらったパンフレットに書かれている香りの特徴に個人的な味の感想を組み合わせ、今回購入した2種類の味のリポートをしたいと思います。

<KAVALAN CLASSIC SINGLE MALT WHISKY>
KAVALAN 台湾ウイスキーKAVALANの数ある種類の中でもっともオーソドックスといえる銘柄です。パンフレットによると、はちみつ、トロピカルマンゴー、西洋梨、バニラ、ココナツの香りをイメージしてブレンドされているようです。この中で私が唯一、納得!と思ったのは西洋梨ですかね〜。それくらい爽やかで少し甘みを感じます。味のある炭酸は合わないです。ストレートか、普通の炭酸で割ってちびちびいくのがおすすめです。

<KAVALAN EX-BOURBON OAK SINGLE MALT WHISKY>
KAVALAN 台湾ウイスキーシングルモルトの中でも、香りのついた強めの銘柄です。マンゴーやパイナップル、ココナツ、バニラ、ウッドの香りをイメージしてブレンドされています。ストレートで飲むと「コォッッ!」となるくらい強めですが、大変香ばしいです。通はこの香りがお好きなのでしょうが、レモンなど風味のついた炭酸で割ると香りが和らいで飲みやすくなりました。肉系の塩気が強いおつまみより、サラダなどさっとしたおつまみが合います。

こちらの直営店では、割引きサービスがあり、値札の表示価格から10パーセントOFFで購入することができましたよ!何の割引なのかよくわからなかったので次回訪問の際に聞いてきます・・・。余談ですが、台湾から申告なしで1人で持ち帰れるお酒の量は、750mlボトル3本分です。購入の際にはぜひご注意くださいね。

トップ画像 (左から) ※すべて割引後の金額
・ウイスキーグラス 280元
・KAVALAN CLASSIC SINGLE MALT WHISKY(50mlボトル) 180元
・KAVALAN EX-BOURBON OAK SINGLE MALT WHISKY(50mlボトル) 225元
・KAVALAN CLASSIC SINGLE MALT WHISKY(50ml試験管) 180元
・KAVALAN EX-BOURBON OAK SINGLE MALT WHISKY(50ml試験管) 225元
・KAVALAN CLASSIC SINGLE MALT WHISKY(200mlボトル) 612元
名前 KAVALAN 南京一店
住所 台北市中山區南京東路二段218號
電話 02-2503-0165
地図 GoogleMapで地図を開く
写真 Instagramで写真を見る

ABOUT THE AUTHOR

Misako Hosoda
グルメ・旅などガイドブックの編集ライターを経て独立。中国ドラマやSUPER JUNIOR-Mなどをきっかけに中国語を学び始める。接客や旅行会話中心の学習だったが、検定にトライすることを決意し、現在教科書学習に奮闘中。学習期間は長いのに伸び悩んでる方、一緒にがんばりましょう!
台湾は、人生初の海外旅行の地として選んだ思い出のアナザースカイ。
Return Top