ROUND TAIWAN

台湾女子一人旅におすすめ!気軽に立ち寄れる小籠包カフェ「金品茶語」

金品茶語 台北
台湾飯で欠かせない小籠包。滞在中必ず一食は小籠包にしたいけど1人では入りにくいな〜!と感じること、ありませんか?中国人や台湾人は大人数で食事をとる習慣があるため、大きなお店だと1人では余計に居づらいことも。1人でもゆったり小籠包が楽しめる、カフェスタイルの小籠包屋さんお教えします!

MRT中山駅から徒歩約10分!大通りに面した黄色い外観が目印

金品茶語 台北
最寄り駅は、以前紹介した両替のできるお茶屋さん「昇祥茶行」などがあるMRT中山駅。新光三越(2番出口が便利)を目印に外に出たら、南京西路の大通りに沿って中山北路通り方面にまっすぐ歩きます。中山北路通りとの交差点を越えてさらに進むと、反対の歩道側に公園が見えてきます。康楽公園と林森公園です。お店は、その林森公園のちょうど向かい側です。明るくポップな黄色い外観が目印です。

1階はお茶などが購入できるお土産スペースあり、2階がカフェスペース

金品茶語 台北
大きなカフェスペースは主に2階です。入ってから特に案内などはなく、私は入口を入ってそのまま勝手に2階に上がりました。1階は、カウンター席のほか、お茶の葉やタンブラーなど簡単なお土産が購入できるスペースもあります。実際に購入はしていませんが、出迎えてくれたおばちゃんに「どうぞ見てってくださ〜い」「お土産ですか?」と話しかけられたので、日本語が通じるようでした。ちなみに、2階には若いスタッフが多かったのですが、日本語はまったく通じませんでした。英語はOKです。

木を基調にしたキュートな店内は、自分の部屋にいるようなホッとできる空間

金品茶語 台北
明るめの木の家具をベースにした店内は、とてもかわいらしい雰囲気。なんとなくホッとする、自分の部屋にいるような居心地のよさがあります。席に座ったら注目してほしいのはデザイン格子の窓。

金品茶語 台北
中国の庭園によく見られる花窓をイメージしているようで、台湾に来たんだな〜!という気分を味わえます。しかもちゃんと小籠包モチーフになっているのも見逃せないポイントです。

台湾茶をカフェ風にアレンジ!充実したドリンクメニュー

金品茶語 台北
こちらのカフェは、ドリンクがとても充実しています。お土産やさんでよく見るお茶もカフェ風にアレンジされていたりと、飲み慣れた味をちょっと違うテイストで味わえるのが魅力です。さらに、アイスを頼むと、大きな丸い氷が入ったかなりビッグなグラスで提供されます。

金品茶語 台北
ドリンクメニューの隅っこにも書かれていますが、最後まで味が薄まらず美味しく飲めるよう、この大きな丸い氷は48時間かけてお茶を凍らせて作っているそうです。写真映えする見た目だけでなく、味の細かな部分にまでこだわりがあるのはすごいです。こんな感じで、メニューには商品についての日本語説明が詳しく載っているから注文も安心。

ドリンク・メイン・小籠包が一度に味わえるセットメニューがおすすめ

金品茶語 台北
プランを詰め込んだ女子一人旅では、手っ取り早くお腹を満たし、目的の食べ物もクリアするためのメニューセレクトはとても重要ですよね。このカフェでは、台湾に来たら抑えておきたい!というメニューを一度に味わえるセットメニューがおすすめです。ドリンク、前菜、小籠包や餃子、麺料理やハンバーガー、スープなどがセットになっています。飲み物も含め全体的にボリュームがあるので、完食するとかなり満足感があります!

金品茶語 台北
一般的な台湾料理のお肉やスープには八角が入っているものが多く、食べ慣れない方にはキツイこともあるようですが、お肉や麺のスープに強い香りや味のクセがなく、台湾食が初めての方でも食べやすいと思います。器や盛り方など目で見ても楽しめるので、小さなお子さん連れの際にもおすすめですよ!

台湾のグルメ情報などを発信する「台北ナビ」の金品茶語の紹介ページや、JTBのツアーなどではクーポン券を発行しているようです。訪問の際にはチェックしてみてくださいね。

名前 金品茶語
住所 中山區南京東路一段88號
アクセス MRT中山駅から徒歩約10分
営業時間 11:00~22:00
電話番号 02-2521-9669
代表メニュー セットメニュー(400元前後)
地図 GoogleMapで地図を開く
写真 Instagramで写真を見る

ABOUT THE AUTHOR

Misako Hosoda
グルメ・旅などガイドブックの編集ライターを経て独立。中国ドラマやSUPER JUNIOR-Mなどをきっかけに中国語を学び始める。接客や旅行会話中心の学習だったが、検定にトライすることを決意し、現在教科書学習に奮闘中。学習期間は長いのに伸び悩んでる方、一緒にがんばりましょう!
台湾は、人生初の海外旅行の地として選んだ思い出のアナザースカイ。
Return Top