【民泊】Airbnbで必要な英語力と、英語ができない人でも始められる方法

英語力がネックになってAirbnbなどの民泊事業に参入できないという方は意外と多いです。

この記事では、Airbnbで英語力がどのような場面でどの程度必要なのかということと、各場面ごとに英語ができない人でも民泊を始められる方法を書いていきたいと思います。

Airbnbで必要な英語力

【必須】ゲスト(宿泊客)とのメール:中級の英語力が必要

部屋に泊まりにくるお客さん(ゲスト)とのメールのやり取りは必須です。Airbnbのお客さんはほぼ外国人なので、基本的に英語を使ってメールのやりとりをすることになります。

ゲストは予約のときに何らかのメッセージを送ってきます(一言メッセージを送らないと予約できないのです)。このとき、必ず一度は返信することになりますから、ゲストとのやりとりを全くなくすことは不可能です。

また、予約が決まる前に問い合わせが来ることもあります。この質問にも英語で答えなければなりません。これらのやり取りが素早くできれば、Airbnbの評価も上がるためリスティング(部屋情報)ページが検索で上位表示されやすくなります。また、Airbnbで一定の実績が必要なスーパーホストにも近付きます。

したがって、必須であるメールのやり取りには中級以上の英語力が必要でしょう。ただメールなので多少の時間をかけられることも考慮すれば、初中級レベルの英語力でも頑張れば自力で対応できると思います。

「英語でのメール対応は厳しいかな」と思った方も大丈夫です。次の章で英語ができなくてもできる方法をいくつか紹介します。

【必須】リスティング(部屋情報)の詳細説明:中上級の英語力が必要

リスティングとは、Airbnbで公開されている部屋の写真や設備、料金などの情報です。ゲストはこの情報を見て宿泊予約をするかしないか決めます。Airbnbで成功するかどうかを決める最も重要な部分だということもできます。

したがって、このリスティングの英語説明は、できればプロの翻訳者やネイティブレベルが欲しいところです。文法などがめちゃくちゃな英語で書かれていたら予約する人は不安になりますね。

民泊なので完璧である必要はありませんが、最低限意味はすぐに通じるレベルはほしいところです。それを考慮すれば、自分でやるなら中上級レベルの英語力が必要になるでしょう。

「そんな高度な英語を書けない」という方も大丈夫です。次の章で自力でできる方法と、安く依頼できる方法を紹介します。

道案内のPDFファイル/ハウスルール:中上級の英語力が必要

今まで書いたものはAirbnbで避けて通れない【必須】の作業ですが、これ以降に書くことは必須ではありません。避けて通る道もあります。ただ、できる限り準備しておく方が後々楽になる重要なものです。

まずは「道案内のPDFファイル」について。これは空港からのアクセス方法や、最寄り駅からの道順を写真付きで案内するものです。これをあらかじめ作成しておき、予約が入ったらゲストにPDFファイルを添付してメール送信したり、ダウンロード先のURLを知らせるのです。最初にこれを作るのは面倒ですが、一度作っておくことにより、ゲストが部屋まで自力で来てくれるようになり、自分がゲストを迎えに行ったりする手間がなくなります。

もう一つの「ハウスルール」は、部屋を使用する際の決まり(ルール)を書いた紙をファイルに入れて部屋に置いておくものです。"部屋では静かにすること"、"室内はタバコ禁止"、"エアコンやテレビのリモコン使用方法"などゲストに伝えるべきことを書いておくのです。このハウスルールの冊子は作らないで済ます方法もあります。

前項の「リスティング詳細説明」と同様、「道案内のPDFファイル」と「ハウスルール」も一度作成した後は基本的に同じものをずっと利用することになるので、高度な英語で作成したいところです。したがって、こちらも前項と同様の解決策が必要になります。

鍵の受け渡し/おもてなし:初級〜中上級の英語力が必要

これ以降はゲストと実際に会ったときの話になります。したがってスピーキング・英会話力が必要となります。どれだけゲストと深くかかわるかによって必要な英語力は変わります。鍵を受け渡して少し部屋のルールを説明するだけならテンプレートを覚えるだけで済むし、ゲストを観光案内するということまでするつもりなら当然かなりの英会話力が必要ですね。

実はゲストと全く会わずにすませる方法もあります。ビジネス的な運用をしているホストさんは効率化のために全く会わないという人がほとんどです。この方法を使えば英会話力は全く必要ないということになります。

さて、いよいよ次章では各フェーズごとに英語ができない人でも民泊を始められる代替策を紹介していきます。

英語ができない人でも始められる方法

メール対応

個人的に英語でのメール対応はAirbnbで一番面白いところだと思っているので、できれば自力でやってみてほしいと思います。プロの翻訳者やネイティブのような正確さは要求されませんが、仕事なので適度な緊張感があり、英語を書く力が鍛えられます。

しかし、どうしても英語力の問題でできないという人も多くいると思います。そういう人のために「メール代行」というサービスがあります。民泊の代行業者は数多くあり、メールに特化した会社も多くあるので探してみて下さい。

ただ、代行業者に頼むと1物件1ヶ月2万円近くかかってしまいます。下手をしたらこの費用で利益の大半が飛びます。そこで、メール代行してくれる人を個人的に募集することもおすすめです。

クラウドソーシングの「ランサーズ」は有名なサービスなのでご存知の方も多いでしょう。ここでは個人が仕事のパートナーを探すことも可能です。メール代行業者に比べればかなり安く仕事をしてもらえるでしょう。ただ、仕事の依頼や指示は自分でしなければなりません。この手間は最初の1度だけで済むものが多いので、頑張って仕事依頼用のテンプレートを作っておけば後々役立つかもしれません。

リスティングの詳細説明/道案内PDF/ハウスルール

さて、前の章で「高度な英語」で書くのが望ましいと説明した「リスティングの詳細説明/道案内PDF/ハウスルール」です。自力で出来る方法と、安く依頼する方法があると言いました。

自力でできる方法は、英語ができる人に添削してもらうということです。この方法は時間に余裕がある人にはおすすめできるのですが、やはり「ビジネスにはスピード感が大切」ですので、一刻も早く民泊に参入するため翻訳を依頼する方が良いと思います。

私は安く翻訳を依頼できる民泊にぴったりのサービスを発見しました!それはココナラです。結構有名になってきているので知っている方も多いでしょうが、ココナラは500円で知識や技術を売り買いできるサービスなのです。もちろん翻訳者も多数活動しています。

ココナラにいる翻訳者はプロもいるのですが、500円という低価格なだけあってセミプロやアマチュア上級レベルの方も多くいます。ただ、Airbnbでは完璧なレベルは要求されないので、英語のセミプロや上級レベルの方に安く依頼できるココナラは民泊にぴったりだと思います。

ちなみに500円と書きましたが、翻訳の場合は文字数で料金が決まるので、500円でおさえることは難しいです。数千円ぐらいかかってきます。しかし、民泊代行業者に依頼すれば数万円はかかってくるので、数千円でおさまるココナラはかなりお得です。

鍵の受け渡し/おもてなし

Airbnbの部屋タイプは大きく分けて貸切タイプ・個室タイプ・シェアハウスの3つあります。このうち、貸切タイプは最も収益性が高い上、ゲストと全く会わずに運用することも可能です。(個室・シェアハウスでも会わず済ませる場合もあります)

どうするかというと、Master Lockと呼ばれる小さいダイヤル式の鍵入れをドアにつるしたりする方法があります。ポストに鍵を入れて南京錠だけ付けている人も多いです。用心深い人はMaster Lockをポストに入れて南京錠までつけたりしてました。暗証番号は事前にメールなどでゲストに教えておけば、全く会う必要なく鍵の受け渡しができるというわけです。

Master Lock マスターロック プッシュ式キーセーフ 850031

このような運用をすれば、鍵をわたすときに英語を話す必要もないし、直接会っておもてなしする必要もありません。ただ、ゲストと会っておもてなしすることは民泊の醍醐味と感じる人もいるし、これができるホストのリスティングは価値が上がります。英会話やおもてなしに自信がある人は積極的にホストとコミュニケーションすることもおすすめです。

また、緊急時にゲストから連絡が来たり、メールで特別なお願いをされたりしたときには会う必要が生じる可能性もあります。そんなとき、英語ができないからと言って恐れる必要はありません。おもてなしの心を持ってゲストに尽くせば、全く英語が話せなくても喜んでくれます。

まとめ

今回は民泊代行業者の仕事を減らしてしまいそうなことを書いたかもしれません。ただ個人レベルだと料金が高すぎて代行業者に頼めない人もいると思うので、今回の記事がそんな人たちの代替策として参考になれば嬉しいです。民泊へ参入する方法は色々あるので、英語ができなくてもあきらめる必要は全くありません。

この記事をきっかけに、最小限の労力で民泊をはじめ、最大限の収益をあげられるホストが増えていけば嬉しいです。

2019/04/07