インバウンド

カウチサーフィンのホストにされて嬉しかったことまとめ

カウチサーフィンのサーファーとして30人以上のホストにお世話になったので、今後は自分もホストをしていこうと思っています。

ホストにされて嬉しかったことを思い出しまとめておくことで、自分もお客さんに同じことができるよう準備したいと思います。

※この記事は民泊(Airbnb)を始める前に書いたものです。カウチサーフィンの経験はAirbnbでも活かすことができました。

すぐに好評価のレビューをくれる

b_taoyuan21

これは、割とカウチサーフィンの根幹にかかわることかもしれません。

カウチサーフィンは、ホスト(旅人を泊まらせてあげる人)とサーファー(泊まらせてもらう人)が、それぞれサイト上に評価や感想を入力して、それによって信頼されやすくなっていく仕組みだからです。

良い評価が多いホストやサーファーは、たくさんの人からリクエストを受けることができるようになり、どんどん利用しやすくなるのです。

だから、ホストがすぐに私に対して好評価のレビューをくれたのは、自分も好評価のレビューが欲しいという理由からだと思います。

それでも、少し迷惑をかけてしまったかなと心配していた人が、すぐに良い評価のメッセージを送ってくれると嬉しいものです。

良いことを書いてくれると、自然と自分も良いことを書きたくなります。

好意返報性の原理を実感しました。

だから、よっぽど悪いことをしない限り、悪いことを書かれることはないと思いますので、あまり心配せずにどんどん利用すれば良いと思います。
(ただし、特に女性などは最低限の安全には気をつけた方がいいでしょう)

ベッドを使わせてくれる

day1

これをしてもらおうと、あまり期待しない方がいいです。

何故ならカウチサーフィンは、その名の通り、カウチ(Couch)というソファをサーフ(surf)するように渡り歩くというコンセプトのものだからです。

まあ、家のソファを旅人のために無料で提供してあげるってことです。

だから、床に布団を敷いてもらっただけでも、相当運が良いと思った方が良いです。

やっぱり、ソファで寝るより、布団で寝た方がダントツで気持ちいいですからね。

とは言っても、カウチサーフィンの名の通り、ソファを提供してくれた家は2軒だけ。

後は、布団を敷いてくれたり、ベッドを使わせてくれました。

私は、一人暮らしのホストの部屋にも結構泊まらせてもらったので、そういうときは、ホストがベッドに寝て、私が床に敷いてもらった布団で寝ることになります。

これはこれで、何の問題もないのですが、一人だけ、ホストが床に寝て、私にベッドを使わせてくれた人がいます。

それが、最初のホスト「ベトナム人留学生」です。

もちろん遠慮して断りましたが、「学校の課題で徹夜しないといけないから」と言って譲らなかったため、申し訳ないと思いながらもベッドを使わせてもらいました。

まあ、その時は私の体調が悪く、それで心配させてしまったのかもしれませんし、本当に課題が大変だったのだとも思います。

しかし、このように、気を使ってくれたことがとても嬉しかったです。

私もカウチサーフィンのホストをしたら、状況によってはこのようにベッドの使用を提案しようと思いました。

あまり恐縮させても悪いので、基本的にはホストが一番良いところで寝るというのが良いと思いますけどね。

何て言ったって無料で泊まらせてもらうのですから。

観光スポットを案内してくれる

central-110

仕事や用事がないホストはほとんど、一緒に近くの観光地に出かけて案内してくれました。

これは簡単なようで本当にすごいことだと思いますね。

まず、お金がないとできないですし、観光地の知識がなくてもできないことです。

私も、帰国後にホストを始めようと思いましたが、まずはお金の問題があってできませんでした。

生活が安定していないと、やはり観光地に行って遊ぶお金を捻出できないですし、そんなことをする前にまずは仕事をして稼がなければとなってしまうのです。

ですから、ホストをしている人は経済的にも、心にも余裕がある人だと思うので、大変尊敬しています。

私もようやく、個人的な経済復興の兆しが見えてきたので、いよいよホスト開始の準備を始めた時、次に出た問題は「周辺観光地の知識がない」ということです。

だから、まずは情報収集から始めました。

大阪に住んでいるので、「大阪観光局」のタイムラインを追いかけることから始めました。

皆さんがお住まいの地域にも、このように何らかの情報を発信しているウェブサイトがあると思うので、それをフォローすると良いと思います。

周辺の観光スポットを解説してくれる

beach

これは、ほとんどのホストがやってくれた嬉しかったことです。

当然ホストも普通に生活をしているので、仕事や用事もあります。

そんな一緒に観光出来ない人でも、ほとんどの人は近くの観光地やイベントの情報を教えてくれました。

観光スポットの解説も、上述の「観光スポットを案内してくれる」と同様、周辺観光地の知識がないとできないことです。

私はようやく、上記ウェブサイトなどからの知識により、日本に来る観光客を案内したい!と思えるようになってきました。

今まで日本の観光に全く興味はなかったとは言え、台湾の観光情報を追いかけることに慣れていたので、すぐに要領をつかんでたくさんの知識を得ることができました。

海外で自分に良くしてくれるのは相手が日本に興味があったり、日本が好きだったりする場合が多いです。
(もちろん日本とか関係なく、誰にでも親切な人も多いですが、家にまで泊めてくれたのは私が日本人だったという理由も結構あったと思います)

日本より海外に興味があるという人もたくさんいると思いますが、やはり日本に関する最低限の知識は身につけておくべきだと思います。

なんだかんだ言っても、生まれ育った場所なので、やりはじめれば割とすぐに知識は身につけられます。

-インバウンド