当サイトではAirbnbなどの民泊を始めるために必要なノウハウを、実践的なものを中心に紹介しています。

管理人は民泊ホストとして部屋を運営しながら、民泊代行業にも携わっています。かなりノウハウも貯まってきたので、これから始める人に何か役立つ情報を提供しようと思いました。

このサイトでは初心者の方がつまずきそうなことを中心に、民泊を始めるために必要な情報をまとめています。実践的なノウハウばかりなので、一通り読んでいただければ未経験の方も問題なく始められるはずです。

お好きなページから読み進めていただければと思います。

必要な英語力と、英語ができない人でも始められる方法
ハウスルール・ハウスマニュアルについて
民泊の清掃ノウハウ
宿泊料金の調整(繁忙期と閑散期)
民泊可能物件の探し方

以下の文章では部屋に準備するものリストを紹介していきます。何はともあれ、まずは部屋に必要なものをそろえなければいけませんので、少しずつ用意していくのがオススメです。

これから民泊をはじめる人は是非参考にしてください。また、既にホストをしている人も準備し忘れているものを発見できるかもしれません。

必須のものから、必須ではないけどあれば喜ばれるものまで紹介していきます。

必須のもの

寝具類(布団・枕・シーツなど)

民泊とはいえ、宿泊施設であるからには、寝具類の提供だけは当然必須です。

これから布団を用意したり、予備のシーツを購入する予定の人は、おすすめ布団カバー・シーツも参考にしてください。

タオル類

バスタオルとフェイスタオルを人数分用意しておくことも必須です。

洗濯した清潔なバスマットも1つ必要です。

WiFi

WiFiはもはや無しで運営することはできません。部屋情報にWiFiはないと書いていても、ゲストはあるのが当たり前と思ってますからクレームにつながります。WiFiがないということはレビューにも容赦なく書かれています。(実際に私も最初の頃はWiFiなしで運営していてレビューに書かれてしまいました…)

WiFiがないことはそれぐらい重大なことなので、必ず準備してください。ホストの大多数はポケットWiFiを契約して部屋に置いています。

シャンプー・ボディソープ・コンディショナー

お風呂場に置いておくことが必須の3点セットです。

ボディソープ・シャンプー・コンディショナーは以下のようなボトルに詰め替えている方が多いです。

ディスペンサー ポンプボトル スクェア 3本セット ホワイト 600ml


このボトルにシールを貼って英語表記もしておくと分かりやすくなります。中華圏のお客さんも多いので、中国語表記もしておくと喜ばれるかもしれません。

・ボディソープ(Body Wash / 沐浴乳)
・シャンプー(Shampoo / 洗髮精)
・コンディショナー(Conditioner / 護髮乳)

トイレットペーパー・ティッシュペーパー

さすがに、トイレットペーパーとティッシュペーパーは用意しておいた方がいいですね。予備も少し置いておく方がいいでしょう。
しかし、予備を持って帰られたという話もあるので、予備の置き過ぎには注意した方がいいかもしれません。

あった方が良いもの

食器類・調理器具

これは限りなく必須に近いアイテムです。特に食器類(コップやお皿、箸やスプーン)は重要。鍋やフライパン、包丁やまな板も置いて置くべきです。湯沸かし器もほぼ必須。自炊したいというゲストは一定数いるので、民泊であるからには用意しておくべきものです。

アメニティ

使い捨ての歯ブラシ・ボディタオル・ひげ剃りといったものです。ホテルには必ずといっていいほど用意されてますね。
民泊の場合、ホテルのように必ず用意する必要はありません。WiFiのように無いからといってすぐクレームにつながることはありません。
しかし、貸切タイプの部屋で準ホテルのような運営をしたい方は用意しておくにこしたことはないでしょう。

あれば喜んでくれるかもしれないもの

お菓子・お茶・水など

お茶が飲めるようにティーバックを置いてるホストさんは多いです。コーヒーを置いてる人もいました。

これは少ないですが、ホテルのようにを冷蔵庫に入れている人もいました。

あとは、日本のお菓子(普通にスーパーで売ってるクッキーやチョコレートなど)を人数分用意している方もいました。これはゲストに喜ばれる良いアイデアだと思います。

2019/04/07