ROUND TAIWAN

台北から高雄へのアクセス 〜長距離バスで高雄駅まで行ってみた〜

台北から高雄へのアクセス 〜長距離バスで高雄駅まで行ってみた〜

台北から高雄への移動手段は大きく分けて新幹線・電車・長距離バスの3つがあります。
この記事では、その全ての方法について簡単に紹介した後、今回私が利用した長距離バスの乗り方について詳しく書いていきます。

※2016年9月28日より台北西駅B棟の國光客運バス停は台北轉運站に移動しました(台北轉運站の場所は以下の地図や当記事中の文章を参考にしてください)

スポンサーリンク

新幹線

新幹線は他の交通手段に比べて最も速く高雄まで行くことができますが、やはり料金は高くなってしまいます。
「台北駅」から終着駅である高雄の「左營駅」までの所要時間は100〜120分程度。料金は普通車両の一般切符で1,490元(約5,000円)です。

台北駅では「高鐵(新幹線という意味)」の案内板を見ながら進めば地下1階の新幹線乗り場・切符売り場に到達できるでしょう。

以下の台湾新幹線公式サイトではオンライン購入も可能です。
台灣高鐵(台湾新幹線)公式ページ

電車

日本で言うJRのような普通の電車(台湾鉄路)で高雄駅まで行くこともできます。
この場合は特急電車の「自強号」に乗ることが多くなるでしょう。
自強号で「台北駅」から「高雄駅」まで行く場合の所要時間は約5時間、料金は843元(約2,800円)です。

個人的には、台北から高雄まで直で行くのなら新幹線か長距離バスの方がおすすめですね。ただ電車は途中で乗り降りできるので、ゆっくり途中の駅で乗り降りしながら南下する場合には電車がおすすめです。

以下のサイトで電車の時刻表が検索できます。
台湾鉄路公式ページ

長距離バス

最後に、長距離バスで台北から高雄に行くという方法を紹介します。
色々なバス会社がありますが、どこを利用しても所要時間は約5時間です。
料金は470元〜715元(約1,500円〜2,300円)と幅広いのですが、バスによって乗り心地はかなり違ってきます。

長距離バスの種類

國光客運

料金は普通の「全票」というチケットで530元(約1,700円)、平日のお得な時間帯に購入できる「優惠票」が470元(約1,500円)と最安で高雄まで行けるバスになっています。バス乗り場は台北轉運站です。

参考:【1838】臺北-高雄 (林口 朝馬)

統聯客運(Ubus)

安くてそこそこ快適なので一番人気があるバスです。
全票が530元、お得な優惠票が470元と、料金は國光客運と全く同じです。
バス乗り場は台北轉運站です。

参考:【1610】 台北 → 高雄

阿羅哈客運(アロハバス)

阿羅哈客運(アロハバス)はかなり快適で座席は新幹線よりもくつろげるかもしれません。また車内サービスも行き届いています。
その分料金は全票で715元(約2,300円)と、少し高くなっています。
バス乗り場は台北轉運站です。

参考:阿羅哈客運の時刻表・料金など

和欣客運

和欣客運も快適な長距離バスです。料金も全票で710元と、アロハバスとほぼ同じになっています。
バス乗り場は台北轉運站です。

参考:和欣客運の時刻表・料金など

國光客運で高雄駅へ行ってみた

【追記】
2016年9月28日より台北西駅B棟の國光客運バス停は台北轉運站に移動しました。そのため、ここで紹介していた台北西駅B棟からバスに乗る方法を削除しました。以下でバスの乗り心地や注意点のみまとめておきます。

・乗り心地は安いだけあってそこそこ。快適さを求めるなら阿羅哈客運や和欣客運がおすすめ
・スーツケースなど大きな荷物も預けられる
・チケットの半券は下車するときに回収されるので無くさないよう注意

和欣客運で高雄駅へ行ってみた【追記】

再び、台北から高雄へ行く機会があり、今度は和欣客運に乗ってみたので追記します。

バスは台北轉運站から発車します。場所は以下の地図を参考にしてください。

以下のように台北駅に入れば台北轉運站という標識がたくさんあるので、その方向に向かって下さい。
hohsin5
hohsin8

ただ、台北地下街にもぐった後は結局標識が無くなり、どこに行けばいいか分からなくなりました。そこでお店の人に聞いてみると、そのまま1階に上がればバスステーションに到着するとのことです。せっかく途中まで丁寧な案内板があるのだから、最後まで案内して欲しいものです(笑)
※これは今回私が取ったルートの話なので、別ルートの場合はまた違った案内になっているかもしれません

何はともあれ、無事に1階の大きなバス切符売り場にたどり着きました。
hohsin2

ここで、和欣客運の窓口に行って高雄行きの切符を買いました。新營(台南)で一度乗り換える必要があり、台北から新營は600元、新營から高雄は210元ですが、まとめて買えば710元になります。

ということで、台北駅から高雄駅までの切符を710元で購入できました。切符を購入した後は、2〜4階にあるバス乗り場に向かいます。
hohsin7

ここで、バスが来る時間まで待ちます。高雄行きは10分に1本程の高頻度でバスが来ますが、自分が買った時間のバスに間違えずに乗って下さい。
hohsin3

いよいよ、バスがやってきたので車内に乗り込みました。噂通りのリッチな車内です。とにかく一人分の席が広い。
hohsin1

足をゆったり伸ばせる広さがあります。
hohsin4

足乗せ場やリクライニングシートなどの角度は横に付いているボタンで調整できます。説明書も置いてあり、日本語訳も載っていたのでそれを見れば使い方は分かります。
hohsin6

また飛行機のように、ディスプレイがあって映画や音楽を楽しめます。洋画や台湾映画があったので、5時間の旅も楽しめました。

もうこれに乗ってしまえば、國光客運などの安いバスには乗れないなというのが正直な感想です。200元ぐらいしか変わらないので、これから台北・高雄間の移動は、この和欣客運か同じくリッチな阿羅哈客運のどちらかに乗ると思います。

高雄から台北へのアクセス【追記】

最後に、高雄から台北へのアクセス方法も紹介します。

高雄からも、台北から出発した場合と同じように4つのバス会社が運行しています。

今回私は、國光客運に乗って台北に行きました。國光客運のバス乗り場は、電車やMRTのある高雄駅を出て30秒くらい歩けば到着します。
kingbus4
kingbus5

当然ですが、車内の様子は、台北から乗ったときと全く同じでした。以下のように飲み物置き場など最低限の設備はあります。
kingbus2

充電できるUSBポートも付いているのは嬉しいですね。今まで乗った台湾のバス(客運)には全て付いていました。
kingbus3

※國光客運以外のバス乗り場も近くにありました。台北から高雄にやってきた時と同じ要領で切符を買えば、無事台北に戻れますね。

まとめ

新幹線 時間が限られている短期旅行者におすすめ
電車 途中で下車しながらゆっくり南下したい方におすすめ
長距離バス
(國光客運or統聯客運)
節約したい方におすすめ
長距離バス
(阿羅哈客運or和欣客運)
車内で快適に過ごしたい方におすすめ

高雄観光お役立ち記事

>>高雄のおすすめホテルと観光に便利なエリア
>>高雄国際空港から市内へのアクセス
>>台湾旅行の準備・入出国手続き・現地ですること

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ABOUT THE AUTHOR

管理人環島(ファンダオ)
2010年、台湾ドラマ・音楽をきっかけに台湾好きになり、2012年には東京で華流アーティストのイベント参加。2013年に初訪台して以来、隔月で台湾へ通う。2014年は2ヶ月かけて台湾一周し、帰国後に台湾大学院受験のため台湾華語検定とTOEICの中上級レベルを取得するも資金不足により断念。2015年、台湾移住に向けて日本で個人事業開業。2016年4月よりワーホリビザにて念願の台湾長期滞在が実現。お問い合わせはお気軽に→Contact Form
Return Top