ROUND TAIWAN

台湾デザートが大好きなあなたへ!仙草ゼリーを使った台湾仙草スイーツのおすすめ店3選+番外編を紹介したい

こんにちは。台北在住のひらりです。

今日は、一年を通して美味しく楽しめる”仙草”を使ったデザートのおすすめ店をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

仙草ってなに?

台湾、中国を始め亜熱帯地方で広く栽培されている食材(ハーブの一種)です。涼粉草とも呼ばれていて、文字通り暑さを和らげてくれる効果があり、また、体の不調を緩和してくれる効能があるとも言われています。この仙草を乾燥させて煮出した汁に重曹を加えて煮つめ、砂糖やゼラチンを加えます。これが冷えて固まるとプルプルの仙草ゼリーに!

見た目は完全にコーヒーゼリー。あの強烈な苦みで有名な”亀ゼリー”と間違われやすいのですが、仙草ゼリーは鼻を近づけてほんのり薬草の香りがする程度です。

台湾人も大ハマり!人気店の”仙草ミルクティー”

地元台湾人にも観光客にも人気の飲み物、といえばタピオカ入りミルクティーですよね!気軽に台湾っ子気分を味わえる、旅行中一回は飲んでみたいもの。

でも定番のタピオカ以外にも何か試してみたいという方に、是非お薦めしたいのが”仙草入りミルクティー”です!

『珍煮丹』
黒糖仙草鮮奶(ヘイタン シェンツァオ シェンナイ)45元
senso1

下に沈んでいるのが仙草ゼリーです。他店の仙草より少し柔らかめで若干小さめにカットしてあるので、するっとストローに入ってくる感じ。飲み終わりに底に溜まってしまってズーズー吸い上げる(笑)・・ということもなく、最後までお上品に飲めますよ!また、こちらのウリは何といっても、お店手作りの黒糖!「体に良いものを取り入れる」がモットーの台湾人に、このこっくり甘い黒糖+仙草が大評判なのです。仕事の休憩時間に学校帰りにと店先はいつも賑わっています。
senso2

店舗は台北市内にいくつか(大安駅・市政府駅等)ありますが、観光の合間であれば中山駅の店舗が便利です。

お店:珍煮丹 中山南西店
アクセス:中山駅出口2から徒歩1分(新光三越台北南西店1館の脇道を入ってすぐ)
営業時間:10時~22時
定休日:無し(旧暦大晦日・三が日は変更の可能性あり)
地図:

プルンとした感触がたまらない 名店の”仙草綜合冰”

続いては、仙草ゼリーの優しい味わいをそのまま楽しめる夏にぴったりのデザートです!

『愛玉之夢遊仙草』
仙草綜合冰(シェンツァオ ゾンフービン)50元
senso3

冷たいかき氷の上に弾力ある仙草ゼリー、そして粉圓(タピオカ)・芋圓(芋団子)・小紅豆(あずき)という女子の大好物が一気に味わえてしまう夏定番のデザートです。一緒にミルク(コーヒーについてくるあの小さいポーション)もついてくるのでお好みで!そのままでも十分美味しくいただけますよ。
senso4

こちらのお店、手作りの美味しさはもちろんのこと、台北ツウにはお馴染み”通化街夜市”のすぐ近くにあるということもあり、どの時間も台湾人と観光客で大賑わい!ですが、店員さんが手際良くさくさくと作ってくれます。タイミングが良ければ、対応がとっても素敵なイケメン店員さんにも会えますよ!

お店:愛玉之夢遊仙草
アクセス:信義安和駅から徒歩6分
営業時間:正午12時~深夜3時
定休日:無し(旧暦大晦日・三が日は変更の可能性あり)
地図:

冬に定番のあったかスイーツ 老舗専門店の”燒仙草”

お次は、風の強い寒ーい冬に食べたくなる仙草のホット版です!

『萬華仙草冰燒仙草』
燒仙草(シャオ シェンツァオ)50元
senso5

初めて見る方はこの黒い液体にギョッとするかもしれません(笑)
”燒仙草”とは、焼いた仙草、ではなく、仙草を煮出した汁に砂糖やデンプンを加えて煮つめたもの。口当たりは、ちょっとゆるめのフルーチェのような感じ??仙草の香ばしさと甘味が何倍にも引き立っていて、何よりこの体に良さそうなお味は一度食べるとやみつきに。台湾デザートお決まりのもちもちのお団子やタピオカ、さらに小豆や雑穀なども入っているので、口の中でいろんな感触を楽しめますよ。

他にもメニューあり。
senso6

創業40数年の老舗店が作る冬限定の燒仙草で、ぜひ体の芯から温まってくださいね!
senso7

お店:萬華仙草冰燒仙草
アクセス:龍山寺駅から徒歩8分
営業時間:10時~19時
定休日:日曜日(旧暦大晦日・三が日は変更の可能性あり)
地図:

【番外編】コンビニでも手軽に買えます!

お店に行かずとも、さくっと味わってみたい!そんな方にはこちら。
senso8

セブンイレブンで35元で買えます。パッケージの中にミルクポーションとスプーン付き。そのままでもレンジで少し温めてもOK。買ってきたミルクティーにインすれば手軽に仙草入りミルクティーに!いろんなアレンジができちゃいます。

ご紹介したお店はどこも中国語でなくとも英語or指さしで注文可能、そして持ち帰りも可能です。日本ではあまりお目にかかれない仙草デザート。台湾旅行の美味しい思い出に、ぜひお試しくださいね!

ABOUT THE AUTHOR

ひらり
2015年、外国語を学びたい欲にかられ留学を決意。すでに周囲に英語圏の帰国子女が多数いたため、戦うフィールドを中華圏に絞る。2016年台北移住。おぼつかない中国語で店員さんとの会話を雰囲気で完結させるまでに成長。現在、台湾中の美味しいもの楽しいことを探し回る日々を送る。わんちゃんとテニスをこよなく愛する旅好き女子です。
Return Top