ROUND TAIWAN

カウチサーフィン台湾一周で学んだこと

カウチサーフィン台湾一周を終え、日本に帰国しました。

この経験を通じて、これから日本で毎日していきたくなったことがいくつか出てきました。

これらは帰国後、「これから日本で毎日すること」という題名で、自らのメモとして綴っていたのですが、今回ブログ用にまとめ直してみました。

英語・中国語の勉強

カウチサーフィン台湾一周をしていたときは、全く日本語を使わず、ほぼ一日中英語か中国語で話していました。

確かにこの期間、ある程度語学力は伸びたと思いますが、そこまで劇的な変化はありませんでした。

これは、知識をインプットする「勉強」をほとんどしていなかったからだと考えました。

色々な人の体験を読んで、薄々は分かっていたのですが、語学は現地に行って適当に話していただけでは上達しません。

日本でもできる、地道な「勉強」が非常に大切だということに気付きました。

この知識をインプットする「勉強」と、アウトプットする実践的な会話などのバランスが語学上達に最も重要です。

(語学留学は半ば強制的にこの環境を作れる訳なので、非常に効果的なのだと思います)

だからと言って、カウチサーフィン台湾一周中に勉強しなかったことを後悔しているわけではありません。

あのような非日常的な体験をしている時に、日本でもできる勉強をする気にはなれなかったし、するべきでもないと思います。

日本でもできる「勉強」は、日本にいるうちに終わらせる。

これが、今回私がカウチサーフィン台湾一周後に立てた目標です。

いずれ台湾に行く日まで、日本での語学学習をしっかりしておこうと思っています。

それでは、具体的に私が帰国後に初めた勉強を紹介します。

英語(中国語)字幕で英語(中国語)ドラマ・映画

アメリカ人英語教師と過ごした夜、皆でアメリカのテレビドラマを見ました。

この英語教師の友人である英語ペラペラの台湾人に、どうしてそんなに英語が上手くなったのか聞いてみました。

「英語の映画やドラマを英語字幕で見ながら何度も発音して練習した

「その後、このアメリカ人英語教師と友達になっていっぱい話した

こう教えてくれました。

映画やドラマをこのような見方をしていけば、実践的な語学力が身に付いて行くかもしれない。

そう考えた私は、彼のアドバイスを参考にして、帰国後ドラマや映画での語学学習を始めたのです。

しかし、英語(中国語)字幕の英語(中国語)ドラマや映画を探すのはなかなか大変でした。

中国語の方は、台湾ドラマが元々中国語字幕付きであるため、比較的見つけるのは簡単でしたが、問題は英語です。

やはりTSUTAYAなどでDVDを借りるしかないのか、もしそうなら、貧乏な私はしばらく無理だな…。

そうやって諦めかけていた時Huluという動画視聴サービスを見つけました。

ここが提供しているドラマや映画の中には、英語字幕のあるものが非常に多かったのです。

「英語字幕で英語学習」のようなコーナーもあって、そのページに行けばすぐに見つけられました。

お試し期間も付いていたので試してみましたが、とても良かったためそのまま使い続けてしまいました。

特に、「10秒巻き戻し」という機能は、聞き取れなかった場面があったりした時、簡単に戻って見直せるのでとても役立っています。

ちなみに、Huluには台湾ドラマもあります。

中国語字幕がないので勉強には向かないかもしれませんが、日本語字幕が付いているので確実に理解できます。

私は「進め!キラメキ女子(小資女孩孩向前衝)」と「晴れのち女神が微笑んで(美樂加油)」をここで見てハマりましたw

進め! キラメキ女子DVD BOX1

資格の勉強

台湾一周から帰った後、資格の勉強も始めました。

具体的には、英語はTOEIC、中国語はTOCFL(台湾中国語検定)です。

両方、2014年11月の同時期にあったので準備するのは大変でしたが、何とか両方結果も残せました。

TOEICは、ここ数年ずっと500点代を彷徨っていましたが、今回約700点まで上がりました。

TOCFLは、進階級という、台湾奨学金応募資格でもあるレベルに合格しました。

資格の勉強で最も大切なのは模擬試験、過去問題集です。

とにかく結果を出したい人はこれだけやってください。

TOEICはおなじみのTOEICテスト新公式問題集を使いました。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOCFLの模擬試験は公式ホームページに置いてくれています。
中国語能力試験 無料でダウンロード

運動

カウチサーフィン台湾一周中、何度も体力不足でダウンしそうになりました(笑)

その度、ちょうど運良く長期間休ませてくれるホストが見つかるというラッキーはありましたが、やはり体力がないと旅は楽しめないと気付きます。

そこで帰国後、毎日ランニングを始めました。

しかし、寒くなってからやめてしまいました(笑)

でも、今の仕事は比較的体力をつかうものだから、まあ運動になっているからいいか、と思っています(笑)

料理をはじめる

台湾一周中、料理ができないことで、ホストを手伝うことができなくて残念でした。

また、これから自分がホストをしていく時にお客さんをもてなすためにも、料理を始めることにしました。

お米がギリギリ炊けて、作れる料理はカップラーメンぐらいだった自分にとっては革命的な出来事です(笑)

最初は本当に出来るのか分からず、本当に腰が重かったけど、一度作ってしまえばどうってことないんですね。

毎日、インターネットで作り方を調べては、新しい料理を作る。

こうやって、少しずつ作れる料理を増やしていきました。
10703933_838898402829025_4531331232736172057_n
1470096_838898566162342_3395498390320950802_n
10649585_838898519495680_6685879645335881416_n
1383119_838898429495689_3530197147466082017_n

最初の写真のお好み焼きは、「おはなはん」という混ぜて焼くだけで美味しく大阪名物のお好み焼きができるという優れものです(笑)

下手にアレンジするよりも、混ぜるだけでそこそこ美味しく作れるので、これを外国人来客に作ってあげたら喜ばれるんじゃないかと思っています。

※ちなみに、お好み焼きは中国語で「大阪燒(ダーバンシャオ/da4ban3shao1)」です。

そして、基本的な料理は大体作れるようになった頃、自炊の節約効果に気付きます。

今までオール外食だったので、吉野家頼みの節約をしていましたがどうしても月に4万5000円ほどかかっていました。

それが、節約を意識した自炊により、1万5000円程まで食費を下げられたのです。

しかも、外食のときよりメニューは豊富だし栄養もあります。

今までは一体なんだったんだ、この生活なら1年で36万円も浮いていたじゃないか(笑)

これを10年続けていたとしたら360万円(笑)

今までの無駄さ具合にショックを受けつつも、これから新しい食生活を始められる喜びに満ちあふれてもいました。

ちなみに、最初実家から持ち込んだ鍋だけで料理をしていましたが、やはりフライパンが必要なことに気付き、購入したのがT-falのフライパンです。

T-fal フライパン 「ディフューザル」 バジル 27cm C06806

徹底的に最安値のフライパンにこだわろうかとも思いましたが、やはりずっと使う物なので、ある程度のブランド物を買おうという結論に達しました。

鍋のときのように、毎回焦げ付くこともなくなりましたし、炒め物を一度に大量に作れるようになったので満足しています。

ギター

台湾人高校教師の家では、彼女の趣味であるギターを猫と共に聞かせてもらい、心地よい時間を過ごしました。

桃園と高雄で長期間お世話になった家族にもギターを聞かせてもらいました。

五月天の敢人(ゴンラン)をリクエストし、それを弾き語りしてもらいました。

学生の時、ギター倶楽部に入っていたようなので、なかなか上手かったです。

また、台湾一周中にテレビを見ている時、外国人が五月天の敢人(ゴンラン)を弾き語りしていました。

外国人が台湾語の曲を弾き語りする姿を見て、多くの人が彼を歓迎し、好意的に受け止めていました。

私もあのような演奏をしてみたい。

そう思い、時間ができたらギターも始めたいと思いつつ、忙しい日々の中、なかなか始めることが出来ないでいます…。

ABOUT THE AUTHOR

管理人環島
2010年、台湾ドラマ・音楽をきっかけに台湾好きになる。2013年に初訪台して以来、隔月で台湾へ通う。2014年は2ヶ月かけて台湾一周し、帰国後に台湾中国語と英語の資格取得。2015年、日本で個人事業開業。2016年はワーホリビザにて台湾南部の高雄に長期滞在。2017年からは台北在住。台湾と日本をよく行き来しています。お問い合わせはお気軽に→Contact Form
Return Top