ROUND TAIWAN

台湾の苗栗まで車でドライブ。イチゴ狩りをした後、山奥のお城へ行った思い出

台湾の苗栗まで車でドライブ。イチゴ狩りをした後、山奥のお城へ行った思い出

本日は台湾の苗栗という場所の話をしたいと思います。

台湾の苗栗県(びょうりつけん)とは

IT関連の会社が集中し台湾のシリコンバレーと呼ばれる「新竹」と、台湾中部にある台湾第三の都市「台中」の間にあるのが「苗栗県」です。

日本語では苗栗を「びょうりつ」と読んでいるようですが、中国語読みだと「ミャオリー」という感じになります。

個人的に、ミャオリー(miao2li4)という読み方は猫の鳴き声のようで可愛く感じ、すぐに覚えてしまいました。何となくお気に入りの地名です。

苗栗は、台湾一周した時は通り過ぎてしまったのですが、実は行ったことがあるんですよ。

2014年3月、当時付き合っていた台湾人の彼女と、その親友と、その彼氏が運転する車で台北から苗栗へ向かいました。

今回はこの時行った場所を紹介します。

自然あふれる、なかなか良い所でしたよ。

イチゴ狩り

台北から車で2時間ぐらいでしょうか。苗栗に到着し、まず最初に訪れたのはイチゴ狩りができるところです。

苗栗県の大湖鄉はイチゴの産地として非常に有名なのです。

この辺りには至る所に、イチゴ狩りができる農園があります。

私たちは、予約していたこの中の一つのイチゴ農園に入りました。

人の良さそうなオジさん、オバさん夫婦が出迎えてくれ、笑顔でイチゴ狩りのルールを教えてくれました。

イチゴは取り放題ではなく、最後に取った分の重さを測り、その重さに応じて料金を払う必要があります。

私はここを把握しておらず、取り放題だと思っていたため、最初は質の良し悪しを考えることなく取りまくっていました。

しかし、他の人は皆、上品にゆっくり、質の良いイチゴだけを選別して取っています。

ここで私は取り放題ではないことに気づき、その後は質の良いイチゴをじっくり選ぶようにしました。

しかし、最初に取りまくったイチゴのせいで、平均的な質は他の人より悪くなってしまい、負けた気がして少し悔しい思いをしました(笑)

苗栗のイチゴ狩りは、基本的に取り放題ではなく、量り売りのスタイルのようですので、皆さんはお気をつけ下さい。

天空之城

イチゴ狩りが終わった後、更に車で南下し、山の方へ。

次に訪れたのは「天空之城」という場所です。

その名の通り、お城のような建物がありました。
miaoli3

この中には良い感じのレストランがあり、4人で食事を楽しむことができました。
miaoli5

miaoli4

食後、建物の外を散歩します。

山からの眺めなどを堪能することができました。
miaoli6

miaoli21

miaoli7

miaoli8

苗栗を十分に堪能し、再び車で北上し、台北へと戻りました。

翌日、いちごを食べる

いちご狩りで採ったいちごを翌日、綺麗に洗って食べました。
miaoli2

ハート型っぽいいちごもあって中々可愛いですね。
miaoli22

自分で採ったいちごの味は格別でした。

久々に台湾の記事を書いて、また行き台湾が発動してきました!

早く行かねば!

※台湾旅行の費用については以下の記事を参考に
台湾旅行の費用を抑えるために必要なおすすめ情報まとめ

ABOUT THE AUTHOR

管理人環島
2010年、台湾ドラマ・音楽をきっかけに台湾好きになる。2013年に初訪台して以来、隔月で台湾へ通う。2014年は2ヶ月かけて台湾一周し、帰国後に台湾中国語と英語の資格取得。2015年、日本で個人事業開業。2016年はワーホリビザにて台湾南部の高雄に長期滞在。2017年からは台北在住。台湾と日本をよく行き来しています。お問い合わせはお気軽に→Contact Form
Return Top