ROUND TAIWAN

地元民で大賑わい!台北でおすすめの牛肉麺屋さん『林東芳牛肉麺』

地元民で大賑わい!台北でおすすめの牛肉麺屋さん『林東芳牛肉麺』

台湾で麺料理といえば、まずは牛肉麺ですよね。八角やスープなど、みなさんはどのお店の味をひいきにしていますか?

初めて食べた時から大好きになった牛肉麺屋さん『林東芳牛肉麺』をご紹介します!

MRT南京復興駅から徒歩約15分!お昼時は地元のオフィスワーカーで賑わう地域密着型のお店

林東芳牛肉麺 アクセス
最寄駅はMRT南京復興駅。駅を出たら、復興北路通りを南へ進み、八徳路二段という通りを目指します。地図を見ながら進む方も多いと思いますが、駅名でいうとMRT文湖線の忠孝復興駅方面です。復興北路通り沿いにずっと高架が走っているのでとってもわかりやすいです!

ちなみに、この忠孝復興駅からスタートしてもかかる時間は同じくらいです。復興北路通りはお店や食事処が軒を連ねているので慣れると近く感じるのですが、初めての場合少し遠く感じるかもしれません。

八徳路二段を見つけたらそのまま通りへ入ります。南京復興駅からの場合、(お店がある側へ)横断歩道を渡っておくと良いですよ。この円柱の建物↑が目印で、これが見えたらお店はもうすぐそこです。

日本語も通じます!持ち帰り客の中に紛れず、イートインのアピールを

林東芳牛肉麺 台北
円柱のビルを過ぎると、人だかりが歩道を塞いでいます。空席待ちのお客さんや持ち帰りを待つオフィスワーカーです。写真だと空いてるように見えますが、お昼時は本当にすごく混んでます!

林東芳牛肉麺 台北
ぐつぐつ煮えたぎるスープ釜を横目に、お客さんの注文をさばくおばちゃんがウロウロしています。持ち帰りを待つお客さんがけっこう多いので、それに紛れず声をかけましょう。勇気がない方は、おばちゃんの視線に入り「イートインしたい人です」アピールを!

林東芳牛肉麺 台北
私が行った時は、「フタリ?」とふつ〜に声がけされました。笑。台湾に来るたびに思うけど、台湾の人たちは、どこで日本人を日本人って見分けてるの!

あまりの人気に店舗拡大!クーラー付きのちょっと広いイートインスペース新設

林東芳牛肉麺 台北
実は、こちらのお店には8年ぶりに訪れたのですが、あまりの人気に店舗が拡大されていました!好きな味のくせに8年ぶりでアレですが、店の人気と自分の舌は間違いなかったんだわ。スープ鍋のある元店の隣の隣くらいに、この新しいイートインスペースの入り口があります。

林東芳牛肉麺 台北
しかも、クーラー付きで二重に驚きです。新しいスペースはほぼ4名掛けの席なのですが、自動的に相席で案内されますので相席に慣れていない方は心構えをしておくといいかもしれません。今回私は、食事中ずっとスマホで株価チェックをしているおじさまと相席でした。

林東芳牛肉麺 台北
8年前からすでにだいぶ混雑していましたが、スープ鍋が煮立つクーラーなしの狭い店内、このレジ奥↑のほんの十席くらいのスペースしかなかったんですよ。汗だくで汁飲み干したっけなあ。あれはあれで楽しかったものです。

八角の香りづけのバランス良し!醤油ベースの濃いめスープと食べ応えのある牛肉が最高!

林東芳牛肉麺 メニュー

店内に案内されると、おばちゃんが注文用紙を持ってきてくれます。メニューが印刷されているので、見ながら指差すだけでOK。数分後、あっという間に運ばれてきます。どうやら、新しいイートインスペースの奥にも厨房があり、こちらの注文分はそこで作って提供しているようです。

林東芳牛肉麺
懐かしい八角の香りとプレゼンテーションは8年前と変わらず。昔はプラスチックの器だったのに、新しくなっていました。パクチーなどニオイものは得意な私ですが、「ん?」と一瞬引っかかるようなバランスの悪い香りづけは苦手。こちらのお店のは、しっかり香りを感じるのにそれが麺の味を邪魔しない、絶妙なバランスがいいのです。

麺は、手作り感ある不揃いな太さが特徴的でほどよい歯ごたえです。日本人なら誰もが親しみのある醤油味のスープと合わさると、どんどん食べ進めてしまいます。スープはちょっと濃いめですが、灼熱の太陽で疲れた体にはちょうどよく感じます。上に乗った牛肉は、肉の部分がしっかりあり、牛すじのような部分もついた立派なお肉です!

セルフサービスですが、店内の冷蔵庫の中には漬物などのお惣菜が入っていて、牛肉麺と一緒に注文することができますよ。

名前 林東芳牛肉麺
読み方(中国語) リントンファンニューロウミエン(líndōngfāngníuròumiàn)
住所 台北市八徳路274號
アクセス MRT南京復興駅から徒歩約15分
営業時間 11:00〜4:00
電話番号 02-2752-2556
地図

ABOUT THE AUTHOR

Misako Hosoda
グルメ・旅などガイドブックの編集ライターを経て独立。中国ドラマやSUPER JUNIOR-Mなどをきっかけに中国語を学び始める。接客や旅行会話中心の学習だったが、検定にトライすることを決意し、現在教科書学習に奮闘中。学習期間は長いのに伸び悩んでる方、一緒にがんばりましょう!台湾は、人生初の海外旅行の地として選んだ思い出のアナザースカイ。
Return Top