ROUND TAIWAN

香港空港に着いたらまず両替かキャッシングして香港ドルを入手しよう!

無事、香港国際空港に到着して、まずしなければいけないのは香港ドルを手に入れることですね。香港では香港ドルがなければ何も出来ないし、電車に乗って市街地にあるホテルに移動することもできません。

ということで、香港ドルを入手することにしました。空港にある銀行での両替と、クレジットカードを使ってATMでキャッシングという2つを利用したので紹介していきます。

※当記事では香港空港ターミナル2の写真を使っています

香港空港の両替所やATMの場所

まずは両替所やATMの場所を紹介します。一番分かりやすい場所は、入国する直前にあるところでしょう。一度入国してしまえばもう戻れないという場所の直前にあります。

以下のように、入国ゲートの手前に両替所とATMは隣り合って並んでいるのですぐに見つかります。
hongkong-exchange
hongkong-atm

ただ、うっかり出てしまっても、当然ながら空港内には他にも両替所やATMがあるので大丈夫でしょう。

結論から言えば、空港内ならどの両替所やATMを利用しても大きな差はありませんでした。写真を撮っているとき、ここに立っていたスタッフの人に「手数料は無料だよ」と言われて誘われましたが、私が両替した別の両替所も同じく手数料無料でした。

香港空港で両替してみた!(日本円→香港ドル)

以下の入国ゲートを出たあと、右の方(ゲートに向かって左)に歩いていけば両替所はあります。
kansai-to-hk11

citybankと書かれた隣にある両替所が見えてきました。
hongkong-exchange2

近付いてみると、外幣找換(Currency Exchange)と書いていますね。
hongkong-exchange1

早速ここで、5,000円を香港ドルに両替してみました。

以下の明細に書かれているように、5,000円は356HKD(香港ドル)になりました。手数料(Fee)は無料ですね。
p_20161009_183429_1-640x237

5000/356=14.045となり、1香港ドルは14.045円で両替されました。

香港空港のATMでキャッシングしてみた!

次に、クレジットカードで香港ドルをキャッシングしてみました。上で紹介した両替所のすぐ隣に、ATMがいくつか並んでいます。
hongkong-cashing1

何とこのATMは日本語を選択できました!案内にしたがってボタンを押していけば簡単にキャッシングできます。
hongkong-cashing2

クレジットカードによる現金引き出しを選べば、500香港ドルからキャッシング可能です。

ということで、私はエポスカードを使って500香港ドルをキャッシングしました。

以下は、後日エポスカードの会員サイトで見た利用明細です。
hongkong-dollar-epos

備考欄に1HKD=13.274円と書かれていますね。
6637/500を計算すると、確かに13.274円となることも確認できます。

これに、エポスカードで海外キャッシングした場合にかかる108円の手数料がさらにかかります。
6637+108=6745円となります。

さらに、キャッシングの金利もかかります。キャッシングの年利(365日)は18%なので、1ヶ月後に支払い(返済)をしたとすれば、月利(30日)として1.5%の金利がかかります。
6745*1.015=6846円です。

普通にキャッシングした1ヶ月後に全額返済したとすれば、トータルで6,846円かかるということですね。

これを500香港ドルで割ってみます。
6846/500=13.692となり、1香港ドルは13.692円でキャッシングできました。

現金両替とキャッシングはどちらがお得なのか?

両替は、1香港ドル14.045円
キャッシングは、1香港ドル13.692円

なので、明らかにクレジットカードを利用したキャッシングの方がお得です。
市街地まで行けば、レートが良い両替所もあるようですが、電車等で移動するにも結局香港ドルは必要になりますし、まずは空港で香港ドルを手に入れる必要があるでしょう。

(ATMの場合はどれを利用しても、VisaやMastercard等の国際ブランドのレートで変換されるので違いはありません。ただ、ATM利用手数料は変わる場合があるので、今回のように手数料無料のATMをできれば選びたいですね)

なので、キャッシング機能の付いたクレジットカードを持っている方は、現金両替よりキャッシングを利用した方が圧倒的にお得です。
ただ、トラブル等でクレジットカードが使えないという可能性まで考えれば、まずは空港で少しだけ日本円を両替するお金を持っていくのも良いでしょう。

クレジットカードの代わりに、海外プリペイドカードを利用するという方法もあります。海外プリペイドカードは事前に入金した分しか使えないので安全で、年齢制限や審査なしで誰でも作れます。(ただ海外プリペイドカードは万一不正利用された場合の補償がクレジットカードより弱いので、必要以上のお金は入金しないことをおすすめします)

特に、今回の香港旅行で私も利用した、香港ドルをチャージできる海外プリペイドカードはかなり便利でした。1円単位で必要な分だけ香港ドルに両替してキャッシングできたので、香港で使う場合は本当に役立ちました。

ということでまとめると、出来る限りお得なレートで香港ドルを入手するなら、クレジットカードや海外プリペイドカードによるキャッシングがおすすめです。万一のカードが使えないなどのトラブルが心配な方は、現金を持っていって少し両替するのも良いと思います。是非参考にしてみてください。

※香港の観光エリアとおすすめホテル、香港旅行に必要な基本知識などを以下の1記事にまとめました!
香港の観光エリアとおすすめホテル(香港旅行まとめ)

ABOUT THE AUTHOR

管理人環島
2010年、台湾ドラマ・音楽をきっかけに台湾好きになる。2013年に初訪台して以来、隔月で台湾へ通う。2014年は2ヶ月かけて台湾一周し、帰国後に台湾中国語と英語の資格取得。2015年、日本で個人事業開業。2016年はワーホリビザにて台湾南部の高雄に長期滞在。2017年からは台北在住。台湾と日本をよく行き来しています。お問い合わせはお気軽に→Contact Form
Return Top