ROUND TAIWAN

【台湾一周10日目】台中駅からバスで日月潭へ 〜遊覧船で湖を周遊〜

台中市内のアパートを出て、最寄りのバス停から台中駅に向かいます。
central-sights-1

台中のバスは何と10km以内なら無料です。

10kmを超えても10元代とかなので、超格安です。

台中の自治体が支援しているそうです。

家賃も安いし、交通費もかからない、台中は節約できそうな街ですね。

▶︎【台中】おすすめホテルと観光エリア

台中駅から南投客運で日月潭へ

台中駅に着いた後、大きな通りがある方に歩いていくと、たくさんのバス会社が集まる場所があります。

この中にある、日月潭へと向かう南投客運というバス会社を探します。

無事見つかり、往復切符を購入。
central-sights-90

ちょうど発車する直前にバスへと乗り込めました。
central-sights-61

一時間半ほどバスに揺られ、日月潭旅遊服務中心(日月潭観光サービスセンター)に到着しました。
central-sights-25
central-sights-105

日月潭を散策〜船に乗るまで

早速、湖の方へ向かって歩きます。

日月潭の石碑です。
central-sights-95

こういうのを見ると、本当にやってきたんだなーって気持ちになります(笑)

とりあえず、港に向かって降りてみました。

港はこれから船に乗る人で賑わっていました。
central-sights-33

実はバスを降りてからずっと、「ズオチュワン、ズオチュワン」と色々な人に声をかけられました。

聞き慣れていなかった言葉ですが、何度も聞いているうちにそれが「坐船(zuochuan)」であることを理解します(船に乗るという意味)。

日本語でもよく、「船に乗る?」と声を掛けられました。本当に観光名所には日本語を話せる人がたくさんいますね。

最初は、だまされるものかと、変な意地を張ってチケットを買いませんでした。

とりあえず先に昼ご飯にして、炒飯を食べながら冒頭で紹介したサイトなどで調べると、日月潭は船に乗るのが一般的な楽しみ方であることが判明。

今回は本当に何の計画もなく、とりあえず来てしまっていたのです。

炒飯を食べ終わったとき、お店の人が「船に乗るならあそこが安いよ」と指差してくれました。

そこに行ってみると、定価より100元も安い200元で売ってくれました。
central-sights-98

結果的に最初の誘いを断って良かったかもしれません(笑)

早速また港に向かって歩きます。
central-sights-59

受付でチケットを見せ、手にスタンプを押してもらいます。
central-sights-45

意気揚々と船に向かって進みます。
central-sights-11central-sights-106

船に乗り込みます。
central-sights-28

この遊覧船は、この後2カ所に停留し名所を回ります。

そして最後にまたこの場所に戻り、湖を一周するというわけです。

ワクワクしながら出発のときを待ちました。

遊覧船で湖を一周

いよいよ遊覧船、出発。
central-sights-13

この日は曇り空でしたが、それもまた美しい。
central-sights-2

第一の停留所に到着。
central-sights-103
central-sights-30

ここには有名な玄奘寺があります。

玄奘寺は、三蔵法師の名で知られる玄奘大使の遺骨が納められるお寺です。
central-sights-102
central-sights-8

船上でのアナウンスは全て中国語で、全然聞き取れませんでしたので、次の船がいつ発車するか分からず不安でした。

そこで近くの人に聞いてみると、「15分後だよ」と教えてくれました。

それで焦って何とか15分以内に見所を見終わり、足早に船に戻りました。

しかし、あとから思えば、15分おきに一回出発するという意味だったのだと思います。

だって誰も急いで観光してる人いなかったから…。

何はともあれ、無事船に乗り込み、第二の停留所へと向かいました。
central-sights-86
central-sights-51
central-sights-80

伊達邵ハーバーです。
central-sights-56
central-sights-21

面白い銅像のような人がいました。
central-sights-72
central-sights-101

お店がたくさんある場所にきました。
central-sights-55
central-sights-94

可愛らしい飲み物のお店で少し休憩。
central-sights-29 central-sights-7

「妖怪郵便局」という看板を見つけました。
central-sights-37

一体どんな郵便局なのでしょうか。

中を覗くと、郵便局ではなくお土産物屋さんでした。
central-sights-36

一通り歩き回り、お土産も買ったので船乗り場に戻りました。
central-sights-38

夕方に向かう時間帯で、空は少し暗くなってきました。
central-sights-15

船に乗り込みます。
central-sights-23

出発。伊達邵ハーバーに別れを告げます。
central-sights-17

夕暮れに近付く、遊覧船からの景色も美しかったです。
central-sights-100
central-sights-68
central-sights-70

バスの中から「九族文化村」

充実した日月潭での一日も終わり、バスに乗って台中駅へと帰ります。

日月潭近くの有名な見所、「九族文化村」の入り口をバスが通過しました。
central-sights-35

原住民の文化をモチーフに作られたテーマパークです。

今回は行く時間がありませんでしたが、次の機会には行ってみたいです。

▶︎日月潭のオプショナルツアー

※台湾旅行でWiFiの準備がまだの方は以下の記事が参考になります
台湾WiFiレンタルの比較とおすすめランキング

※台湾旅行の費用については以下の記事を参考に
台湾旅行の費用を抑えるために必要なおすすめ情報まとめ

ABOUT THE AUTHOR

管理人環島
2010年、台湾ドラマ・音楽をきっかけに台湾好きになる。2013年に初訪台して以来、隔月で台湾へ通う。2014年は2ヶ月かけて台湾一周し、帰国後に台湾中国語と英語の資格取得。2015年、日本で個人事業開業。2016年はワーホリビザにて台湾南部の高雄に長期滞在。2017年からは台北在住。台湾と日本をよく行き来しています。お問い合わせはお気軽に→Contact Form
Return Top