ROUND TAIWAN

【台北】COZZI民生館(ホテルコッツィ民生館)の宿泊レビュー。おもてなしセンスが抜群のホテル【口コミ】

【台北】COZZI民生館(ホテルコッツィ民生館)の宿泊レビュー。おもてなしセンスが抜群のホテル【口コミ】

海外旅行でホテルを選ぶ時、みさなんは何を一番大事にしていますか?

比較的安全な地域ならドミトリーにも泊まったことのある私ですが、安くても高くても、きったなくても綺麗でも、駅から遠くても近くても、とにかく「なんかいい」という感覚に従うようにしています。同行者の年齢などで条件優先になることもありますが、ネットの写真やコメントを見て感じる「なんとなくのフィーリング」には、バカにできない信頼性があると思っています。

どんなに立派で星がついているホテルでも、部屋に使われている色がなんか落ち着かない・・・という経験はありませんか?行天宮からほど近いこちらのホテル『COZZI民生館(和逸台北民生館)』なら、そういう「落ち着かない」感をまったく感じず、良い気分で滞在時間を過ごすことができるはず。

スポンサーリンク

フリーWifiやジム完備!居心地抜群のラウンジ

COZZI民生館 ロビー

清潔感のあるシックな家具とほどよい明るさの照明が心地よいロビー。1階のフロント正面にある階段を上がるとまずはこのエリアにたどり着きます。チェックインより早く着いてしまった時や、帰りの飛行機までの空き時間にチェックイン後でも利用できます。広くて綺麗なトイレもあるため、着替えもできますよ。

COZZI民生館 テーブル席
1階からの階段を取り囲むように、テーブル席があります。朝食時にはこのロビー全体が朝食スペースになり、写真のずっと奥の方にお料理が展開されます。

COZZI民生館 少人数席
1〜2人掛けだとこんな鳥かご風の少人数席もあります。無料Wifiはもちろん、足元には電源のコンセントがあるので、目的地の情報をちょっと調べたりお仕事をしたりするのに便利。日中はほとんど人がいないので、落ち着いた環境で静かに作業できます。

この鳥かご席の先には、小さいですがジムルームもありました。ランニングなどの簡単なマシンがあります。ちゃんと無料のミネラルウォーターも用意されていました。

ラウンジのうれしいサービス!飲み放題のソフトドリンク

COZZI民生館 ソフトドリンク飲み放題

この快適なラウンジには、驚きのサービスがあります。なんと、ソフトドリンクが飲み放題なんです!!!コーヒー・紅茶からフルーツジュースまでなんでも揃っています。

COZZI民生館 ホットドリンク
ホットでおすすめなのは、この真ん中の列の一番下「i_pow&coffee」です。というか、誰かこれが何味なのか教えて〜。ジャスミン茶とミルクティを足して2で割ったような味なのですが、なんだろう。花のようなとても良い香りがして、ベットリした甘さがなく、すっきり飲みやすいのです。近くを通ったスタッフのお兄さんに聞いたのですが(中国語を全部解読できなくて)いまいちよくわからず。

COZZI民生館 缶ジュース ピッチャー
この氷の中にザクザク刺さっている缶ジュースもピッチャーも飲み放題です。右側に刺さっている青い缶は特におすすめなので、ぜひトライしてみてください!いわゆるスポーツドリンクの味なのですが、こちらもまたベトベトした甘さがなくすっきりしています。キンキンに冷えてるし、猛暑の外から帰った体に急速に浸み渡ります。(名前はチェックし忘れて不明ですが「涼」とか爽やかさを表す文字が入っていたような気が)缶ジュースはお部屋に持って行ってもOKでした。

COZZI民生館 アルコールメニュー
注意点としては、アルコールのみ別途料金がかかること。でも、案内には必ず日本語が添えられているので、うっかり知らずに取っちゃった!なんてことにはならないので安心です。ラウンジの窓際にコンシェルジュデスクがあるので、声をかけて料金を部屋付けにしてもらいます。(その場で現金でも払えるかもしれません)

さらにうれしい無料サービス!スナックとミニブレッドも食べ放題!

COZZI民生館 無料スナック ミニブレッド

ブレッドボックスにはクロワッサンやワッフルが、右のボトルの中には、グミ、おかき?、プレッツェルなどスナックが入っています。味は、日本人にも馴染みあるいたって普通の味なので安心。

万が一、同行者もろとも初日にお財布を盗まれても、餓死する心配はありません!このロビーは朝食にも使われますが、朝食の時間が終わった後、おそらく10時頃〜並べられているのでしょうか?夕方以降もずっと置いてありますが、夜市から帰るような時間だとビールや缶ジュースが何本か残っているくらいで、スナック類も片付けられていました。

外出せずとも食事ができるレストランもあり!

COZZI民生館 レストラン

ロビーの真下にはバーカウンターのあるレストランも。雰囲気からするにイタリアンでしょうか?私が行った時は、ここで提供されるウエルカムドリンクのサービスがあったのですが、約束した時間に寝てしまっていて行けませんでした。夜寝る前にちょっと飲みたい時なんかも良い雰囲気でおすすめです。

お部屋リポート!バスタブ付きツインルーム

COZZI民生館 バスタブ シャワー

台湾は建物が密集しているため、それぞれの観光スポットが近く感じます。あそこもここも!とついつい欲張り歩きしてしまうので、知らずにけっこう疲れがたまるんですよね。

熱帯の国では冷房がガンガン効いていて意外と体が冷えるということもあり、ちょっと贅沢にバスタブ付きのお部屋にアップグレードしてみました。ご年配の方がいる場合なども、喜ばれるかもしれませんね。

COZZI民生館 トイレ 洗面
私は今回エクスペディアを使い、予約後、アップグレードの依頼をホテルに直接お願いしました。この方法で、アップグレード料金は1日1,155NTD(約4,000円)でした。(旅行会社や早割など各種割引サービスの適用によって変動があると思います)

とにかく使いやすい備え付けのワイドな棚と大画面テレビ

COZZI民生館 大画面テレビ 棚

なんだかすっきりしているなー、心地いいなーと思いよく観察してみると、壁の幅にぴったりと合わせて棚やクローゼットが設えられています。棚は、荷物やお土産を広げるのに本当に便利でした。お部屋を歩き回るのに、通路が広くて開放感があってとにかく気持ちがいい。部屋にいる間、ほとんど床に座って過ごしていました。

また、台湾ではほとんどのホテルでNHKが見られます。私は、台湾や韓国のドラマやバラエティ番組、KPOPが大好きなのですが、このテレビでは、その全てはもちろん、YOUTUBEも見ることができました。部屋で寝ている以外の時間は、ずっとそれらをザッピングしていました。

COZZI民生館 デスク
PC作業なんかをするのにちょうど良いデスクコーナーです。この椅子も座り心地良し。決して高級家具でもこだわり家具でもないのだけど、機能的で快適で、この設えが大嫌い!という人はおそらくいないのではないでしょうか。自分の家に帰ってきたような感覚と、落ち着く気持ちになれる部屋。COZZIの最大の魅力だと思います。

COZZI民生館 ベッド ツインルーム
ベッドは、気持ち固めでしょうか?個人的に、沈み込みが強いマットレスが得意ではないのでちょうどよかったです。冷房の温度調節はお部屋でできるので、この布団をかぶってちょうどよい温度に設定してお休みください。

COZZI民生館 ウエルカムフルーツ
ビジネスで使われることも多いホテルなのに、ウエルカムフルーツのサービスも。りんごやオレンジはよくありますが、キウイフルーツはなかなか見ないのと、個人的に大好きなので最高に気分が上がりました。ナイフとフォークでしたが、なんとか皮は剥けました。写真を撮っていて、なんか暗いなー暗いなーと思っていたら、照明が消えていました・・・。

台湾の家庭料理の味が楽しめる朝食サービス

COZZI民生館 朝食

「COZZI民生館の朝ごはんは家庭の味」という評判を聞きつけ、楽しみにしていた朝食サービスです。生野菜、漬物、卵料理、ベーコン、シリアル、スープ、ご飯、おかゆ、パンなど、ジャンルを問わずおおよそのものが揃っている朝ごはんでした。
COZZI民生館 朝食 COZZI民生館 朝食 COZZI民生館 朝食 COZZI民生館 朝食 COZZI民生館 朝食 COZZI民生館 朝食

ずらりと並んだメニューのほか、「ください」とお願いすると盛り付けてくれる麺です。これは何麺というのか・・・?八角などの調味料は入っておらず、やさしい薄味の麺でした。
COZZI民生館 朝食 麺

まとめ

フレンドリーなスタッフと、全体的に明るいトーンの室礼で心地よく過ごせるCOZZIは、キャセイホスピタリティマネジメント(國泰商旅股份有限公司)が運営するホテル。すっきりと洗練された印象も納得です。リーズナブルなのにほどよいゴージャス感と清潔感があり、サービスも充実していてコスパ高ホテルといえるのではないでしょうか。最寄りのMRT行天宮駅までは歩いて5〜6分で、向かいにセブンイレブン、少し歩けばスーパーや地元民が通うご飯屋さんなども充実しています。

私が滞在した時は、日本が話せるスタッフは在籍していないようでした。でも、到着時に渡されるホテルの案内書きをはじめ、何か読む必要があるものには必ず日本語訳が添えられています。滞在中、不安や不便をまったく感じることなく、まるで自宅に帰ってきたかのように過ごせるアットホームな快適ホテルです。

COZZI民生館の最安料金を確認する

ホテル名 COZZI民生館(ホテルコッツィ民生館)
住所 台北市民生東路二段178號
アクセス MRT行天宮駅より徒歩約5分
電話 (+886 2) 7706 3600
地図

ABOUT THE AUTHOR

Misako Hosoda
グルメ・旅などガイドブックの編集ライターを経て独立。中国ドラマやSUPER JUNIOR-Mなどをきっかけに中国語を学び始める。接客や旅行会話中心の学習だったが、検定にトライすることを決意し、現在教科書学習に奮闘中。学習期間は長いのに伸び悩んでる方、一緒にがんばりましょう!台湾は、人生初の海外旅行の地として選んだ思い出のアナザースカイ。
Return Top